キラリと光る歯を手に入れる(インプラントはすぐ終わる)

Implant

情報を仕入れる

矯正歯科をはじめる前に知っておきたいことがいくつかあります。テレビなどでも矯正器具をしている芸能人を見かけることがありますよね。その人が器具を外したあとの笑顔が素敵だったりすると余計に矯正したいと考えるのが普通です。しかし矯正歯科は施術してすぐ治るものではありません。それから健康保険もききません。しかし審美歯科と違って確定申告できるのです。費用や期間の面からいろいろ知っておいた方がいいことがあります。矯正歯科をしたいと思ったらいつでも可能ですが適した年齢というのがあります。それはあごの大きさが決まってくる高学年になったときです。歯の割にあごが小さいからもう少ししたら矯正しなくちゃねと思っていても、あごも一緒に成長して矯正が必要じゃなくなる場合もあるからです。

矯正歯科は普通の歯の施術と違って長い時間を要するのも特徴です。矯正器具は通常ですと1年半前後つけてゆっくり顎や歯や身体に負担をできるだけかけずにするのが一般的です。器具を装着したら1年半そのままで言い訳ではなく、歯の動きによって半月か1ヶ月に1度、医師の元に通い、矯正具合をチェックしてもらう必要があります。それから器具をつけ、せっかく矯正しても虫歯になっては素も子もないため、ガムやキャンディは禁止されることがあります。それを矯正器具を装着している間ずっと守る必要があります。矯正器具を外れたあともマウスピースのような歯のピース器具を装着しなければならない時があります。このピースのような器具を1年から1年半装着して、最初の施術からおよそ3年ほどかかって歯科矯正が終了となります。